ハッピー介護を支えた、言葉のチカラ!

誰の人生にも、喜びや感動を与えてくれた言葉や好きな言葉、そして、苦しい時に大きな勇気をもらった忘れられない言葉があります。
ここでは、そんな力を持ったステキな言葉たちの中から、認知症の母と生活する中で勇気づけられた言葉や、介護生活を送る上で明るい希望となる言葉をご紹介しています。

1.我が家で生まれた「希望の言葉」

ハッピー介護、5つのキーワード

結婚後まもなくして認知症となった母と暮らす中では、どうしてもネガティブな感情に襲われることがあります。そんな時に気分を変えてくれたのが、自分を励ましてくれた多くの言葉の存在でした。
その中でも、我が家で生まれた言葉で特に大きな支えとなって救われた言葉を、「ハッピー介護 5つのキーワード」としてお伝えしてきました。

 

1.散らかしは、「母のお仕事」
トッシー

この言葉が私の頭に浮かんだことで、「トッシーのハッピー介護」は生まれました。認知症の母との生活が、信じられないほど劇的に変わった、最も大切で最も大きな気づきとなった言葉です。
それまでは、母が家の中を散らかしてとても嫌だと思っていたことが、実は「母のお仕事」なんだとめでたく勘違い?した瞬間、すべてが楽しい生活に変わってしまったのです。

そのことを境に起きた私の気持ちの大変化は、母が他界した2010年に自作したDVD「サンキューベリマッチ・トミスケ『母のお仕事』」に表しています。(2018年YouTube)
もし母が散らかしていることを「お仕事」だと思わなかったら、不思議なほど楽しくなったあの2年間の生活はあり得なかったでしょう。そのことを考えると、私の人生で最も大きな変化を起こした言葉、奇跡を生んだ魔法の言葉と言えるかもしれません。

 

2.お母さんは、神様なんだ!
masa 

デイサービスのお迎えが待っているのに、母が思うように動かなくて私が強い口調になっていた時、別の部屋にいてこの雰囲気を察した妻のmasaが私に聞こえるように言ってくれたのが、「toshiさん、お母さんを神様と思ってごらん!」という言葉でした。
「そうか、母は神様なんだ!」と素直にそう思った瞬間、私の意識が変わり、優しい気持ちに・・・。言葉も表情も穏やかに変わったのか、
ナント! 母が動きだしたのは、その直後だったのです。
忘れていけないのは、満足な会話ができない認知症の人でも、目の前にいる人の表情を読み取る能力は大きくは損なわれていないということです。その意味でも、笑顔って、やっぱり大切なんですね。
母の行動は、目の前の私の感情をそのまま反映していたことを思い知らされた出来事でした。
それにしても、よくもまあこんな凄いことをmasaは言うなあ。(笑) そして、それを素直に受け止めた自分が、今でも不思議です。(笑)


3.お婆ちゃんから、お母さんへ!
masa 

この言葉は、台所で座ったtoshiの少し元気がない様子に気づいたmasaが、それを察して言ってくれた言葉、「toshiさん、おばあちゃんという呼び方をお母さんに変えたら?」という言葉から生まれました。
それまでの私は、子供が生まれて以来、母を呼ぶ時は「おばあちゃん」に変わり、ブログに書く時は勿論初めから「おばあちゃん」でしたが、masaはそれを「お母さん」に変えたら?と提案してくれたのです。
早速その日のブログに、今までずっと「おばあちゃん」と書いて来たのを「お母さん」に変えて書いてみました。するとどうでしょう? それまでとは全く違う感情が私の心の中に生まれ、なぜか優しくなれたのです。
それ以来、母を呼ぶ時、書く時には、それまでの「おばあちゃん」から「おかあさん」に変わりました。
ちなみにmasaは、結婚以来ず~と変わらず、母に対しては「お母さん」、父に対しても「お父さん」と呼んでいたのです。
ある時、どうしてそういう呼び方を続けたの? と聞いた私に対して、masaが言った言葉が、「だって、威厳があったり頑張って生きて来たお父さんお母さんを見てきた私は、
おじいちゃんやおばあちゃんとは呼べなかったの」というものでした。その思いが、認知症にって人が変わってしまった母に対しても続いていたんですね。
《追記》後日、改めてmasaに確認したところ、その時のmasaの思いは次のようでした。
「小さい時から自分を大切に育ててくれた母の姿を思い出して、そんな母に感謝して『お母さん』と呼んでみたらどう?」 というもの。母をいつまでも大切に思う、優しいmasaの気持ちが込められていたようです。 ブログ「ついてるついてるハッピーライフ!」


4.お母さんは、自分で選んで来た!
masa

これもmasaの、「お母さんは、自分で認知症を選んで来たんだよ!」と言った言葉から生まれたものです。
我が家は、両親と私たち夫婦と二人の子供の6人家族でした。そんな家庭で、子供たちをはじめ皆が大きな病気をすることなく事故にも遭わないで暮らせているのは、自らが認知症となってみんなの不幸を一人でしょってくれている母のお陰・・・。私たち夫婦は、そんなことをよく話し合っていたように思います。そのような考え方になった時、いろいろと大変なこともある認知症の母に対しても、もう、感謝の気持ちしかありませんでした。
母の他界1年後にあの東日本大震災が発生し、その当時よく話題になった「大受苦者」という仏教用語がありました。その言葉の意味を初めて知った時、認知症になった母トミスケは、正に「代受苦者」だったんだ! と思えたものでした。

 

5.心配するな! 楽しめ!
 Don‘t  Worry  Be  Happy.
Meher  Baba

この言葉は、正確に言えば我が家で生まれた言葉ではなく、結婚して3年後から我が家の居間に掲げてある、思い出深くとても大切なポスターに書かれている言葉です。
このポスターは、出張でニューヨークに出かけ、一緒に仕事をしていたイタリアの家具デザイナーと別れる時、彼が大切にしていたこのポスターを私にプレゼントしてくれたもの。イタリアからニューヨクへ渡り、立派な家具デザイナーとして仕事ができるようになるまでの苦労を物語るように、ピン跡がいくつも残る、茶色に変色したアンティークなポスターです。
我が家に来てからも、彼がしたことを真似てプッシュピンで止めただけのポスターでしたが、実は、masaが、母が認知症になって大変な思いをした時や、いろいろな困難な出来事に遭遇した時などに、このポスターを見て励まされたり大きな勇気をもらったりして、masaの支えとなったとても大切なポスターだったのです。
「心配するな! 楽しめ!」は、masaの介護の原点となっただけでなく、その後の我が家の生活を支えた大切な言葉として、今も私達を見守っています。

 

「頑張ってますね!」より「義母さん、幸せそうですね!」
masa

工事中!

 

お母さんの介護ができて、トシさんは幸せだよね~。
masa

工事中!

 

家に居ながら、奥野医院!
父 清雄

我が家の近くに、奥野医院(当時)さんがあります。母は勿論、家族みんながお世話になったとても素晴らしい開業医さんです。奥野医院さんが近いという恵まれた環境で生活していた父でしたが、晩年になって骨の病を患い、歩行器を使って何とか自力でトイレへ行けるものの、ほとんどがベッドでの生活を余儀されることに・・・。
そんな生活の中で父がよく口にしていた言葉が、この、「家に居ながら、奥野医院!」でした。
いろんなことに家族の協力が必要となる中、一番頼りにしていたのがmasa。そりゃそうでしょう。何と言っても、masaは看護師です。何かにつけて頼りになるmasa、どんな忙しい時でも笑顔を忘れず一生懸命適切なケアをしてくれるmasaの居る我が家が、父にすれば、まさに奥野医院さんだと思えても決して言い過ぎではなかったのでしょう。masaに感謝です。

 

んな体になったが、極楽じゃ~!
父 清雄

他界する2年ほど前に、家の前にある竹やぶでの作業中のちょっとした事故によって入院した体験が、父の意識が大きく変わったようです。
軍人上がりだった父は、そのせいかとても厳格で厳しい父でした。自分自身に厳しいのは勿論ですが、他人に対してもそれを求める、ある意味気難しい父でした。(笑)
そんな父が、骨折して入院生活を余儀なくされた3か月間で、次第に大きな変化を遂げて行きます。それまでは何でも自分でやって来た父でしたが、自分だけではどうにもならない現実に直面し、他人のお世話になる自分を徐々に受け入れ認めるようになったなど、気持ちの変化が起きていたのです。
3カ月の入院生活を経て変身した父を象徴する一つが、ほとんどがベッドでの生活という不自由な身になったにも関わらず、それに対する不平不満を口にしたことを聞いたことがありません。何でも自分ででき、活発に活動してきた父からして、とても考えられない大きな変化。このことは、家族にとっては驚きと共に、とても有難いことでもありました。
そんな父が、masaの介助でお風呂の湯船に浸かった際、嬉しそうに何度も口にしたのが、
こんな体になったが、極楽じゃ~!」だったとか・・・。
ベッドの生活になってからはベッドでの楽しみを見つけて前向きに暮らした父の生き方は、認知症になった母と暮らす上でも、見方・考え方を変えて前向きに生きることの大切さや、どんな時でも楽しく生きるための大きな指針となりました。

 

認める、楽しむ、ほめる
トッシー

工事中!

 

 

 

 

 

見方を変えれば、介護も変わる!
トッシ

2011年になってから始まった、ちょっとした勘違い? から不思議なほど楽しくなった「トッシーのハッピー介護」の講演活動ですが、当初はパソコンではなく、写真を大きくコピーしてホワイトボードに貼りながらお伝えしていました。その中でも必ず掲示してご紹介してきた言葉が、この「見方を変えれば、介護も変わる!」という言葉でした。
お配りしていた資料にも必ず出てくるほど、「トッシーのハッピー介護」の一番の基本となっている大切なキーワードです。

 

見方が変われば、すべてがハッピー!
トッシー

認知症の母に対する見方が変わったことで、それまでとは比べようがないほど楽しい生活に変わってしまった経験から生まれた言葉。実際にはその時驚くほどハッピーになったのは、勿論、母との生活ですが、よくよく考えたら、母との介護生活だけでなく、いろんなことがハッピーになったことに気づきます。
誰かがi言っている言葉かもしれませんし、誰もが感じていることかもしれませんが、ここではトッシーの言葉とさせていただいています。今までの私の人生で物事が好転した時は、そのほとんどが見方が変わった時でした。見方を変えることで自分の気持ち、感情、行動などが変わることを考えれば、物事が変わっていくことは頷けますよね。

 

見方を変える! これが幸せの第一歩。
本気でその気になれば、自分は変えられる。
見方を変えれば、すべてがハッピー!
トッシー

自分は、そんな簡単には変えることかできない・・・。これは、誰しもが思う正直な話でしょう。でも、私は断言します。「自分は変えられる!」と・・・。
このことは、自分の人生で実際に体験して、確実に言えること。
但し、その人が、自分を変えてまでこうしたいという強い思い、本気度が必要です。絶対にこうしたいという強い意志があるかどうかで、自分を変えられるか、変えられないかが分かれるでしょう。
変えられないと思うのは、それ程本気ではないということでしょう。自分は変えられないと思った人が、自分を変えることなんかできるはずはありません。
本気でその気になってその気持ちを持ち続けた人だけが、自分を変えられるのです。そのことが、幸せへの一歩に繋がると思います。

 

見方が変われば、あなたは変わる!
あなたが変われば、介護が変わる!
トッシ

笑いヨガを創設された、インド人医師のマダン・カタリア博士の言葉に、「あなたが笑うと、あなたは変わる。あなたが変われば、世界が変わる」というものがあります。定年退職直後に笑いヨガと出会った私は、この言葉を知った時に、ナルホドこれは確かにすごい言葉だなぁ~と感心したものです。
その約1年後に、笑いヨガと共に自身のハッピーな介護体験のお話しをさせていただく機会に恵まれましたが、この言葉をもじって創った「見方が変われば、あなたは変わる。あなたが変われば、介護が変わる」という言葉が、ハッピー介護の資料に掲載されるようになったのは極自然な形でした。
自分自身が変わったことでハッピーになった体験から言えば、「あなた」は「私」になるのですが、皆さんにも同じような体験をしていただければいいなあ~との思いから、「あなた」としたものです。

 

スイッチを押さなければ、電気はつかない。
トッシー

この言葉は、私が創った言葉ではなく、何かの本の文中に書かれていた言葉だったと思います。
これをその文章の中で眼にした時、この当たり前のことではありますが、確かに自分が行動を起こさなければ何も始まらないなあ~と、えらく感動したことを覚えています。
感動するような素晴らしい言葉も、実践すれば効果が出る知識も、実際に行動を起こさなければ、自分は勿論周りの環境も何も変わらないことに改めて気づかされた瞬間でもありました。
楽しく生活したいなら、楽しくできるように自分にスイッチを入れ、自分を変える行動を起こさなければ、何も始まらない・・・。
このことをれを再確認させられた言葉です。

 

一人の人間に起きたことは、他の人間にも起きる!
トッシー

これも、ある人の話の流れの中で耳にしていた言葉です。
私が体験したことは、認知症の方と生活していく中で、誰もが体験できることではありませんね。それは十分理解しているつもりです。しかし、実際に同じような体験をされた方は、間違いなくおられることも知っています。
講演会が済んだ後で近づいて来られ、「私もトッシーさんと同じ思いで義母を介護しました」と話してくださる方と何名もお会いしているんです。それを聞いて本当に嬉しかった私は、それ以来、楽しく介護する、幸せな介護にすることはできるんだ・・・と言う思いになりました。
この言葉を耳にした時は、まさか自分が講演会をするなど全く思っていない時でしたが、その後始まった講演会では、実際にそうなんだと勇気づけられ、この言葉をお伝えする様になりました。

 

いいとこ見れば、感謝が見える!
トッシー

認知症で人が変わってしまった人に、ネガティブに思ってしまう気持ちも分かります。でもそれは、今の姿だけしか見ていないことが、そう思わせている原因でもあるでしょう。
それでも、いいところを探して見てみましょう!
それができなければ、若い頃のことを思い出してはいかがでしょう? 忘れてしまっただけで、思い出せば必ず見つかります。
それをしなくて楽しくなってしまった私ですが、今振り返れば、母がしてくれたことを思い出すだけで、感謝の気持ちが生まれてきます。
認知症になった今の姿だけでなく、今までの生活を振り返っていいところを見てはいかがでしょう? 「感謝」が見え、その方への思いが変って来るでしょう。

 

半歩の勇気が、あなたを変える
トッシー

何事も、行動しないことには変化は起きないですね。このことは十分知ってはいても、それができないことも実際には多いですね。
ある人の講演で、わざわざお金を払って講演会に来ても、そこで話を聞いて行動まで変える人は、多くても数パーセントだとか。また別の人は、「プラス思考本って昔からあるんです。みんながそれを読んでプラス思考になったら、プラス思考本って、世の中から無くなるんですよ」ですって。(笑)
大事なことは、まずは動き出すこと。それができた人だけが、変われるんですね。
この言葉は、労せずして見方が変わったことで、世界が全く変わってしまった体験から、勇気を出して自分を変えることをお薦めしている言葉です。誰かの言葉かもしれませんが・・・。

 

2.資料で使った言葉です

この地球上の生物のうち、
人だけに、習慣を変える力がある。
人だけに、自らの運命をつくりあげる力がある。
我々の世代が体験した最大の革新的発見は、
人は心のもちようを改めることにより、
人生のありようを変えることができる、

という事実である。
ウイリアム・ジェームス(アメリカを代表する哲学者・心理学者)

aaa

二人の男が、監獄の窓から、外を眺めた。
一人は泥を、他の一人は、星を見た。
セルマ・トムソンの父親

この言葉は、後に作家となったアメリカの女性セルマ・トムソンが受け取った、父親からの手紙に書かれていたものです。その手紙には、戦時中、夫の配属地近くへ引っ越したものの、過酷な環境に耐えかねたセルマ・トムソンは、「家に帰る。こんな所にいるぐらいなら、監獄のほうがまだましだ!」と父親に送ったが、その手紙の返事が、たった2行のこの言葉だったというものです。
この手紙を何度も読んで自分が恥ずかしくなった彼女は、良いものを探そうと見方を変えたことにより、それまでとはまったく別の世界を発見。その興奮した体験を基に小説を書いて作家となったという感動の実話で、デール・カネギー著「道は開ける」に紹介されています。
あるセミナーでこの言葉を教えていただいた時、既にハッピーになっていた私はこの言葉の意味に深く納得!  以来、この言葉を講演会の中でも紹介するようになった大好きな言葉です。セミナーでは、この2行の言葉が書かれたセルマ・トムソンの文章を朗読されましたが、講師はその用紙を毎日カバンに入れて持ち歩き繰り返し繰り返し読むことで、苦手だったプラス思考になることができたとお話されていました

※セルマ・トムソンの文章プレゼント!

aaa
あなたが笑うと、あなたは変わる。
あなたが変われば、世界が変わる。

マダン・カタリア(笑いヨガ創設者・医師)

笑いヨガで出会った言葉です。この言葉に感銘を受け、講演会ではこの言葉をもじって、同じような
言葉をご紹介したりしています。
先にご紹介したトッシーの、「
見方が変われば、あなたは変わる! あなたが変われば、介護が変わる!」は、この言葉からいただいたもので、まさに自分が体験したことを短い言葉で見事に表現された、カタリア先生からいただいた大好きな言葉です。
aaa
心実
「幸」も「不幸」も存在しない。
そう思う自分の心があるだけ。
小林正観

全ては自分! 自分次第!
小林正観


aaa

人生のすべては 自分の心が映し出す
稲盛和夫

これまで歩んできた80余年の人生を振り返るとき、そして半世紀を超える経営者としての歩みを思い返すとき、いま多くの人たちに伝え、残していきたいのは、おおむね一つのことしかありません。それは、「心がすべてを決めている」ということです。
人生で起こってくるあらゆる出来事は、自らの心が引き寄せたものです。それらはまるで映写機がスクリーンに映像を映し出すように、心が描いたものを忠実に再現しています。
それは、この世を動かしている絶対法則であり、あらゆることに例外なく働く真理なのです。
従って、心に何を描くのか。どんな思いをもち、どんな姿勢で生きるのか。それこそが、人生を決めるもっとも大切なファクターとなる。これは机上の精神論でもなければ、単なる人生訓でもありません。心が現実をつくり、動かしていくのです。
稲盛和夫(サンマーク出版「心」より)

 

aaa
そう思えば、そうなる。
船井幸雄 

「右脳が開発されません」という私の問いに答えられた一言。その時は???でしたが、今はその通りだと思うようになりました。
aaaaaa
心は、創造の達人です。そして、私たちは心であり、思いという道具をもちいて自分の人生を形づくり、そのなかで、さまざまな喜びを、また悲しみを、みずから生み出しています。私たちは心の中で考えたとおりの人間になります。私たちを取りまく環境は、真の私たち自身を映し出す鏡にほかなりません。
ジェームズ・アレン(「原因と結果の法則」より)
aaa
今が最高の喜びの時
望月幸義(麗澤大学名誉教授)

幸せは未来にあるのではなく現在あるべきと考える。 


aaaaaa